BIMとサブスタンシャルデザイン

BIMは建築関係情報とデータをプロジェクト実現に有効利用するプロセスだと捉え、ブループリント作図や建築構造など様々な設計段階から最終的なパフォーマンスを提示します。

BIMは空間計算や地形データなどを測定し広い建築分野を補い、主に建築物の一連のライフサイクルを提示に使用いたします。 サブスタンシャルデザインは高効率の上、信頼性のある良い建築デザインであります。そのため、建築デザインはBIMの最大の強みだと理解しております。 デザイン分析とその最適化によって建築物のパフォーマンスを算出し、サブスタンシャルデザインを構成します。

利点:

      •BIM使用の際、パフォーマンス分析のメンテナンスを必要とし、その多くの統計をデザイン進行として捉える事ができます。
      • BIMを通してデザイナーは初期的な段階から建築構造の概要を目にする事ができます。その情報によって更に適した最良のデザインの選択を判断する事ができます。
      • BIMはデザインと分析を統合する事により、建築物のパフォーマンスを最適化する為の見積り算出に役立ちます。

      •またBIM使用によりモデルから直接、作図やディテールの制作をする事ができます。

現在、Revitご使用のお客さまには多様な建築情報モデルを提供いたしております。

Client Testimonials

"You guys are awesome! I was very pleased with the work your firm did last week, and I have a fresh round today"
Dan Shepardson, Senior Engineer,  Design-Build, PE, LEED AP.... Read More
 Our Clients:        hill    siemens    Astrazeneca